地上デジタル放送の真実 トップページリンク

地上デジタル放送の必要性

確かに便利だし、キレイだけど、今までのままでもいいと思う方もいるかもしれません。それなのに、なぜ地上デジタル放送に切り替わるのでしょうか。

家族でテレビを

電波とサービス

テレビ放送は現在、アナログ放送からデジタル放送へと変わるというようになっています。この地上デジタル放送(地デジ)に変化するということは、アナログがデジタルになったという変わるという簡単なことではなく、今までの一方向の放送から双方向の放送を例に放送概念を大きく変えるといっても過言ではありません。

基本的に、信号の強弱によって情報を表現しているアナログ方式のテレビ放送は、確かに送信、受信とも簡単になるのですが、近年の携帯電話の普及、携帯ゲームによる通信、無線LANなどなどの電波環境で、多様化していく番組への要望にはいろいろな制限がありました。

そのため、アナログ放送が終了し、地上デジタル放送(地デジ)が始まるのです。

地上デジタル放送(地デジ)の最大の特徴はデジタル信号で情報を表現すると言うことです。こうすることで、アナログ方式に比べて妨害などに強くなり、多くの情報も圧縮により小さくしたり、多重化することも楽に行うことができるようになるのです。また、今の通信用、放送用に使われている電波は、だいたいの周波数は決まっていて、今の日本ではいっぱいいっぱいになっています。

疑問と負担

しかし、テレビを見ることに関しては、アナログテレビでも問題ないのです。確かに画像は良くなりますが、バラエティなどの番組で画質がきれいになっても、ほとんど気にしないでしょう。画質がキレイになって、嬉しいのは映画ぐらいではないでしょうか?しかし、映画もCGが使われていることも多くなっています。今のCGの技術はプレステ3を見たことある人は分かると思いますが、本物よりもキレイに作れます。

また、アナログテレビにチューナーをつけていたとしても、結局は、テレビを買い換える人が多いでしょうから、今のアナログテレビを捨てる(リサイクルする)ことになります。しかし、ここでもリサイクル料金が取られますし、デジタルテレビを買うだけでもお金がかかるので、各家庭の負担は大きくなりますし、不法投棄も心配されます。また、年金で過ごしているお年寄りには、テレビの買い替えは、かなり思い負担になるでしょう。

このように、アナログがデジタルになるのは、メリットだけではなく、デメリットも多いのです。総務省の地上デジタル放送(地デジ)を紹介するHPでは、メリットしか載せていないように思えます。しかし、実際に地上デジタル放送(地デジ)のことを良く知って、デメリットも知ることも必要です。いつの間にか決まった政策で、各家庭の負担が重くなるのは、後期高齢者医療制度でも味わったはずです。

管理人としては、今ではテレビを見ると言う子供は少なくなっている気がします。これはパソコンなどの機器のためでしょうが、デジタル化を機会として、テレビを見るのを止める方も少なからず出てこないかが心配です。また、メーカー側としては、小型化やさらにキレイな画質を望むために、技術投資はおそらく莫大な技術投資が必要でしょうが、今のところ、デジタルテレビの価格はどんどん下がってきています。それで利益が出るのでしょうか?また、近年では株価もどんどん下がって、最終的に倒産しました。という会社が出てこないかも気になります。

管理人はやっぱり、メリットよりもデメリットが多いように感じる地上デジタル放送(地デジ)です。いろいろな疑問を残したままでは、納得できませんが、決まった以上、従うしかないのも現状です。問題点については、問題点でも解説していきます。