地上デジタル放送の真実 トップページリンク

地上デジタル放送(地デジ)

地上デジタル放送(地デジ)の準備をはじめているでしょうか?

家族でテレビを

今のテレビ

日本では2011年にアナログ放送からデジタル放送に変わるので、主にテレビ、またはラジオ、新聞や雑誌、家電製品のチラシなどで、地上デジタル放送(地デジ)の準備をお願いします。と宣伝しています。「そっちの勝手でアナログからデジタルへと変わるのに、何で買い替えの補助もしてくれないんだ?」とも思う管理人もいますが(お前かい!)、それはさておき、この地上デジタル放送は、日本以外の組んでも行われているのをご存知でしょうか?

地上デジタル放送を世界で始めて開始したのは、実はイギリスで、現在では、アメリカ、ドイツ、イタリアなどの主要な国々、お隣の中国や韓国など世界20ヶ国以上で、放送されていますので、実は日本は先進国のなかでは遅い方なのです。おそらくこれから、先進国ではデジタル放送が当たり前となってくると思われます。

現在のアナログ放送は、完全に地上デジタル放送(地デジ)へと移行する、7月25日までに終了することが決定しています。これについては、電波法でも決定されていて、2003年までに、関東、中京と近畿という広域圏ではすでに地上デジタル放送(地デジ)は行われています。他の県の県庁所在地では2006年終了までには放送されると言う目標が放送法という法律で、半ば強制的に定められました。

関心度

みなさんも地上デジタル放送(地デジ)に移行するに当たり、現在のテレビを薄型テレビに買い換えようかと悩んでいる人もいると思います。CMでは、ソニーやシャープなども宣伝していますし、家電製品では、今目玉商品ともされているほどになってきています。時代が進めば、技術は進歩し古い技術はなくなっていきます。電報もそうです。言葉を伝えるツールは、今や電子メール!でも、メールでお祝いのメッセージよりも、私は電報の方が伝わるような気がします。だから、テレビもアナログからデジタルへ移行するのは仕方のないことなのかもしれません。しかし、地上デジタル放送(地デジ)を見るためにテレビに買い換えるのは、間違ってはいないのですが、地上デジタル放送(地デジ)自体をしっかり、理解していない方もいるでしょう。

また、地域ともなると、2011年までには、まだ時間があると考える人も少なくないようですし、実際に始まるのは2009年という所もあるので、まだ「そろそろ準備しないとな・・」と思わせるほど関心を持っていないところもあるようです。つまり、もっと関心を高める方法や宣伝などが必要になってくると思います。中には、地上デジタル放送(地デジ)の移行を知らない方もいるのではないでしょうか?(いないと思うぞ)

ちなみに、地上デジタル放送(地デジ)の移行については、海外(たぶんアメリカだと思う)の移行事例を参考にして、公の場での具体的な検討が進められる予定となっていますが、今は次の選挙や2兆円のばら撒きなどで頭がいっぱいでしょうから、具体的な検討とやらは、選挙が終わるまでは、進まないと言えます。

このサイトでは、地上デジタル放送(地デジ)の魅力や移行の理由など、地上デジタル放送(地デジ)に関するさまざまな情報を掲載して、みなさんに更なる関心とともに、地上デジタル放送(地デジ)に関する知識を深めてもらうために開設しました。少しでも、あなたの役に立てるように、紹介できるようにさまざまな情報を掲載していこうとおもっています。

おすすめWEBサイト 5選

アスベスト除去工事を頼む
http://www.home-plan.net/
ウィークリーマンション 大阪
http://www.00monthly.com/
神奈川 貸事務所
http://kanagawa-tenanto.com/
社会人サークル 千葉
http://www.ist-community.com/
クラスTシャツ 作成
http://t-oendan.co.jp/

2015/8/20 更新